ブログ

2016年05月

2016.05.28

ホーム金庫 ダイヤル+KIS錠開錠 (裾野市)

久々のホーム金庫。
ダイヤル不明のキー無し・・・しかもキーシリンダーはMIWA LOCKのKISキー。
特にKISキーは久々過ぎて治具の扱いを忘れかけてました。
どちらかがが判明していれば、割と気楽なんですが・・・。

とりあえずセオリー通りにキーシリンダーから開錠を試みました。
・・・が、開錠のサインを表すカクンという動きがありません。
ピッキングの仕方を間違えたか?それともきちんと押せてないのか不安になるものです。

ただ、何度やっても症状変わらず壊すことも脳裏に浮かび始めました。
 

上手くいくかは分かりませんが、ダイヤルからやってみようと振動をかけていきました。
ある程度やってみて再度キーシリンダーをピッキングするやり方に変えてみましたが、この手の金庫は先にキーシリンダーを開錠しておかないとなかなか厳しいかと思います。
ところが振動を掛けるなりすぐにダイヤルが揃ったのでしょう、開錠。
しかも、キーシリンダーも開錠になってたようでした。
まあ結果良ければ言う事ありません。

2016.05.28

最近Turbodecoderの引き合いが・・・

・・・なくなりましたね(笑)。

先方もなかなか買い易いように物流を工夫してきてるので、無理して中間入るまでもないのですが。
ただポンと工具だけ来ても扱いに苦労すると思います。

そういえば先々週だったか、カーロックスミスミーティングでテサロジャパンがHU100R2台の販売仕掛けてたけど売れたのかな?
あれは絶対レクチャー必要だと思うなあ。。。まあ他人事です。

とりあえず産地から日本までの送料の問題は元払いになりました。
あとは為替と両替手数料の分はどうしても表示価格に加算されてしまいます。
それと日本に到着しての国内送料と輸入時の消費税。

幾分当初設定した価格15万円より安くなりましたが、それでも元値が高いので驚くほどじゃない。

それにアフターサービスだなあ。
どうしても税関がネックになります。

とりあえず弊社では現在メルセデスベンツに使われてるHU64用と2007年~2014年のHU66用を仕入れてみる予定です。
なかなか相手が捕まらずに連絡がつきにくいのですが、無視続きにここのところ切れた口調のメールに慌てて返事が来てます。
故障品もどうさばくか・・・新品を送ってくれると言う話だが、無償なのか、故障品の回収は良いのかさえ決まっておらず。

来週には方向性を決められるでしょう。

ちなみに為替手数料も、安く送金する方法を教えてくれたけど、どこまで信用できるのか???
とりあえず大手都市銀行だと1万円ですね。あとはレート・・・どこで見切るか。(それができればFXで損しないのですが)

半年ぶりなので、できれば直接手渡ししに現地に飛びたいところですが、なんか忙しいみたい。

2016.05.28

BMW 645Ci インロック開錠 (沼津市)

BMWの開錠、Turbodecoderの出番ですぜ。
645Ciとは・・・???
4トラックでないことを祈りつつ現場へ。
年式も2005年と言うので2トラックシリンダーなら文句ない(2トラックHU92でした)。

一発とはいかなかったが、2回くらいリセットして開錠。
お客さんもじっと見て話しかけてきてたので少しやりにくかった。
ピッキングよりは全然早いし、ショットドライバーも使わないので安全。

施錠方向に回りそのままジャグリングもファイナルポンプもせずに逆転したが問題なかった。
 

 

2016.05.28

いすゞ フォワード4t インロック開錠 (沼津市)

先日も同年式くらいの同型車でなかなかピッキングで開かなかったのだが、今回もダメかな?
諦めの境地で現場に行った。
ここのところ天気も良く、気候も過ごしやすい。ダメ元でピッキングをした。
10秒掛からず開いた。。。

まあ、こういうこともあるさ(要はピッキングでも開くことが判明)。
開かない時は開かない、それはM301でもあったし。

2016.05.22

Turbodecoderが戻って来た

3月に修理としてEMSで出したHU100R用のTurbodecoder、
一度目はブルガリア税関まで行ったものの、そこで止められて20日間。
こちらから電話するもののラチ開かず、しびれを切らして一度キャンセルして日本に戻って来たのだが、送り状に修理品を明確に記載し再度送った。
このアイデアは東京税関のアイデアだったのだが、案の定ブルガリア税関で止められた。

今回は騒がず待ち続けて30日、ネット上で追跡すると受取拒絶となり差出人に返送となった。
そして、昨日手元に返されてきた。
3月から3か月間旅してきたが状態は何も変わってない。

それにしても不思議、本来なら通関後に現地の郵便局に配送となるのだが、その形跡がなくいきなり受取拒絶。配達してねーじゃねえか。

参ったね。
一応先方にも電話が来たら受け取るように要請してきたが、どうもうまく進まず。
 

かくなるうえは持参しようかと思って打診したが、未だに方針が決まってない。
ついでにTurbodecoderのHU64を買ってこようと思ってるので大義名分は立つのだが、相手からは新品送ると言うが。。。HU64用は事務的に買えば良いだろうが修理品はどうするつもりだろうか?
新品を送ってくれたら古いヤツは?

なんとか6月には解決したいものだ。
ちょっとまだアフターで不安があるなあ。

2016.05.22

ダイハツ コペン インロック開錠 (下田市)

なんか珍しい、下田市でのインロック。
弊社は沼津市なので下田市までは距離にして70km、時間にして2時間かかります・・・でも平均時速35kmですね。
以前は下田市や南伊豆町、東伊豆町、松崎町などにはよく行きました。
何せ業者が無いもので、沼津から呼ばなくてはならないからです。
最近は海水浴客などの減少で仕事が減りましたね。

ただ夜どうしてもとなると時間を待っていただけるので出番が来ます。
現場到着11時半予定で走りました。

ダイハツシリンダーなのだが意外とピッキングも即決まり、呆気なく開錠。
ダイハツはキーウェイのクサビが出張ってるのでピックが入りにくいのだが、本当に拍子抜けしたほどだ。

僅か10秒ほどの作業のために往復4時間。。。

山道を走るのでタイヤも減る。
ちなみに今履いてるタイヤは完全に終わってるのだがとりあえず車検まで、とことん使いこんでやると履いてますが、振動がひどくていやになった。
明日交換しようかな。。。
 

2016.05.19

引戸錠修理 (御殿場市)

こういう仕事好きだ!

前日、電話をもらったのだが、丁度バイクに乗っていてすぐに行けなかったがお客さんも急ぎではないというので翌日扱いにしてもらった。しかも時間帯もざっくり午前中という感じ。
電話では引戸錠の具合が悪く鍵が掛からないので交換してほしいというのだ。
引違なのか両開きなのかも分からない・・・まあ行ってみましょう。

付いていたのは引違扉であった。
確かに鍵が奥まで入らない。
室内からは普通に作動するのでシリンダーの故障。
これなら交換せずに直せるでしょ。

外見も特に錆なども出てなく状態は良さそうだが、ピックで少しシリンダーを掻けば砂埃がボロボロと出てきた。
イタズラされたわけではないだろうが、結構な量がピックで掻くたびに出てきた。
ようやく砂埃の量が減ったところでキーを刺したら、きちんと作動した。

まあ田舎だからね、常にだれかが家にいるから鍵をつかうことはないのだろう。

しらばっくれて引戸錠を交換すれば売上も上がっただろうが、修理で賄った。
むしろ診断して的確な無駄のない判断をした作業に、むしろ交換より充実感を覚えるのはなぜ?

2016519121558.jpg

2016.05.19

日野に続いていすゞも!!!

え~開かないよ。

先日日野レンジャーの4tトラックの開錠をしたが、どうしてもシリンダーから開けられずロットで開けた。
シリンダーの場合個体差があるので、その可能性も否めないが結果開かなかった。
またロッドもかなり奮闘させられた。

さて今回はいすゞフォワード4t。
天気が最悪の大雨で、集中力も散漫してるせいもあったかもしれないがやはりシリンダー開錠ができず。
ただ日野ほど奮闘することなくロッドで開けられた。

連続して納得いかない作業が続いた。

2016.05.19

Turbodecoder修理奮闘

HU101R用の私のTurbodecoderが二回目のEMSでの送付だったが、先日受取人拒絶と表示され昨日東京税関に戻って来た。

毎度解せないブルガリア税関。
ずっと通関中であったにも関わらず配達局に行った跡も無く受け取り拒否・・・なんのこった???

言わんとすることは想像できる。
配達先に税関が電話をして、関税が掛かると言うなら修理代金に上乗せして先方は私に請求すれば良いのだろうが、恐らく違うことを要求してるのだろう。
そんなことは市民は知ってるから拒絶してると想像できる。
言うなれば袖の下だ。
できればそれもまとめてこっちに振って欲しいのだが・・・結局これで3ヶ月も時間を浪費している。

3回目はどうするか?EMSを信用できるか?
一応郵便局側に事態は話したが回答は無い。
揺するつもりはないが、何故届かないのかくらいは究明してほしい。

また職員倫理も日本lと同じじゃないことに、やはりささやかながら敵対心が芽生え、是が非でも手段を変えて通したくなる。

ただ遊んでばかりもいられない。
先方には常時状況連絡をしてたがこの件に関してはコメントを避けている。
直接ブルガリアに乗り込む決意をほぼ固めた。
念押しするメールを送ったら即答してきた。
新しいHU64用のTurbodecoderは送る、修理も新しい物を送る(と読めた)だからブルガリアに来る必要は無い。

なんとも寂しい限りだが、コスト的には一番安上がり。
どうなるか・・・少し旅して遊びたい気分なんだが。

2016.05.14

三菱 グランディス キー製作 (長泉町)

当初ロードサービスで開錠作業のみで入電したのだが、鍵を紛失して無いのだ。
ただこれから鍵屋に連絡を選定するらしいが、その鍵屋からシリンダー番号が分かればカットできるとごく当たり前のことを言われたそうだ。その番号が分からず右往左往してるのに。
言わなきゃ良かったが、一応質問されたので通常三菱のカギ番号はドアシリンダーに刻印されてることを教えた。
「そちらでも作れますか?」
と言われたので、やはり肯定するしかなかった。
当然依頼されたのだが・・・久々に面倒くさい車に当たった。

内装を外すまでは順調だったが、ドアハンドルを留めてる奥側のボルトに指が届かない。
通常ラチェットが届くことが多いのに、この車はドアのロッドが邪魔してボルトに届かない。
メガネレンチで真下からという少し変わった角度で、ちょっとずつ回して緩め、あとは指先で回して外しました。
落としてしまいそうで、綱渡りのような感じでしたが、なんとか・・・落としたら探すのが大変そうだったし。

ここまで来ればシリンダーを外すのは訳なく、キーナンバーもしっかり刻印されてました。

コードブックのミスプリントもなく、キーのカットは簡単に済みます。
でもサンプルキーの櫛が折れてたのを忘れてましたが、難なく完成。

外していくときは構造が分からないので時として時間が掛かるのですが、大体が組み立ては早いことが多いのです。
でも、例のボルト、どうやって閉めようか・・・落とさないようにしながら、苦労してなんとかはめ込みましたが、こちらは外す方が簡単だったかも。

1時間少々時間が掛かってしまったが、イグニッションも問題なく回りました。
さあ、エンジンも・・・と思いましたが不動期間が長かったせいなのか、エンジン掛からない。一応バッテリーは生きてるみたいだけど・・・まさかイモビ車じゃないような。
インジケーターは見当たらなかったけど・・・。

カレンダー

«5月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

ブログ内検索

出動

エリア

静岡県/東部全域・中部・伊豆半島・富士山

神奈川県/箱根・西湘・足柄

山梨県/富士五湖

Tel:0120-550-227
オフィス雅

株式会社 Office雅  静岡県沼津市若葉町7-6  TEL:055-925-6605