ブログ

2018年12月

2018.12.03

DATSUN トラック インロック開錠 (西伊豆町)

多忙の一日の締めになるか!
完全に寝不足状態だがダットサントラックの開錠。
ダットサンと言っても日産だ。恐れることはないが現場が西伊豆とこれまたプチ遠い。
たまには夕飯をノンビリ家族と食べたいなあ。

暮色濃くなる中出動。
もう眠いからそれだけは気をつけて、イライラしたら眠さの反動が来る。
かなりの安全運転だったと自負している。
先日もやっと最後の違反から1年と思った矢先に携帯電話で違反取られたし。。。

もう焦らず慌てず、違反するくらいなら客を待たせよう。

そう気持ちを切り替えた。

現場が山の中だと言うから、近くの路上で待ち合わせ。

西伊豆と言えば海なんだけど、逆方向に山へと進む案内役の軽トラック。
ところが、道途中から大丈夫なのかと不安になる。

がけ崩れの跡でバレーボール大の石が転がっている。
舗装されているらしいが、落ち葉や泥で路面は見えない。
窪みや石を避けながら先に進むものの、生活道路ではないため管理はされてない。
いつしか舗装も途切れ、今度は頭上の倒木にも気を配らねばならない。
軽トラは楽勝でもこちらの方が高さはある。
足元だけ気を取られてたら頭上を当ててしまう。

袋小路となり、切り返せばUターンのできる場所にダットサントラックが止まってた。
作業自体はM396の鍵穴なのでピッキングで開く。
しかし、こんな山奥・・・心細いくらいで、さっさと帰りたい・・・いや無事帰れるのか?
そう思ってしまう獣道なんだが、写真で撮ると普通の林道だ。
木々の間から見えた星がきれいだったなあ。
2018123212959.jpg2018123213046.jpg

2018.12.03

フォルクスワーゲン ニュービートル 開錠とジャンピング(静岡市)

先のブログとつながって読むとちょっと臨場感があるかな。

スズキエブリの紛失キーの作成を終えて帰宅したのが夜12時半。
寝静まった家族をよそに風呂に入って出たのが1時過ぎ。
少し休憩し、明日は防災訓練だし7時半には起きなくちゃと思って布団に入ったのが2時過ぎ・・・でも寝られずにもそもそ。
いつしか寝たんだろう、耳元に置いてある携帯電話で起こされたが、最初は電話と思わず無視しそうになった。

布団の中、寝ぼけ眼で電話に出た。
これから静岡?しかもニュービートル。昼間なら喜んで行くのだろうが、時間を見れば3時。
作業やって往復を3時間と見たらもう6時じゃん。寝れないじゃん。
しかも、目が明かないほど滅茶苦茶眠いのだが、請け負ってしまった。

ただこんな状況下でロック解除は本業だから仕方がないにして、ジャンピングはお断りすれば良かった。
ただブースターをつなぐだけとはいえ、作業料はたった900円の加算・・・やらんで良いよ、そう思って事後に断りの電話をしたら、あっさりと倍額に引き上げたので引っ込みがつかなくなった。
もっとも保険会社も深夜に出られる業者が見つからないし、ついでにやってもらえたら基本料金で得なだけに倍額にする方が利益になる。

さて、現場はカラオケ店の立体駐車場で月ぎめで借りてるようだった。
まもなく依頼者と合流。
「簡単に開きますかね?」
余計なことうるさいよ。ワーゲンは世間一般に開き難いよ。
同業者からもギブアップしてピンチヒッターで行くこともあるほど。

年式などからニュービートルだがGeneration1の旧タイプかと思っていたが、いざTurbodecoderのテスターキーを入れたらGeneration2を表示。
こりゃフィリップピックやL型ピックなど試す必要もないかな。
いきなりステーキ!じゃなく いきなりTurbo decoder!
本領発揮でした。
前回の作業でセットアップしないでしまっていたので、セットアップの時間は掛かったが、1発で開錠。
全くのリセットなし。

こりゃ即現場引き揚げて寝れるな。

ちゃっちゃとジャンピングも済まそう・・・と思ったが、キーマシン用のバッテリーにつなぐがビートルのスターターを回せない。
こっちのバッテリーも全然変えてないからなあ・・・それならエンジン用から直接。
ハイエース座席下のバッテリーにつないだら辛くも始動した。
しかし、完了と思いケーブルを外すとまもなくエンジンストール。

ありゃりゃと再度接続しようと、今度はまた工作機械用のバッテリーにつないだのだが、ここでミス、プラスとマイナスを間違えた。
おかしいなあ・・・と思ったらケーブル熱くなっててきがついた。
あ~ヤバかった。
つなぎ直して再始動・・・行けたのだが、お客さんがやたら空ぶかしをしたり、ライトを点滅させたりしてまるで何かのテストでもしてるのか。
もう少しエンジン温まってからやれば良いのに・・・と思いつつ、またストール。

再接続しようとしたら「車屋に見てもらうからもう良いです」と言われなんとなく後味悪く終了。
開錠がスッキリできたんだけど、なんかなあ。。。たかがジャンピングも本来なら900円、その倍額プラスをもらうがスッキリしないのはこれからの予感だったのか。

夕方、保険会社から電話が来て、ジャンピング時に接続間違えました?
あれ、バレた?・・・ってかクレームで上がってきたようだ。
どうもいまだに再始動できておらず、あれが原因だと言われてるそうだ。
こちらの原因なら仕方がないが・・・いや待てよ、と思いつき再始動できた経緯も話したが所詮保険会社のデスク、修理工場に顛末を話その結果だけを教えろって、おい野次馬かよ・・・と思った。
とりあえず日が経ってないけど、この先もめるのかな?
面倒くさいなあ・・・でも間違ったのは明らかに事実だ。でもあんな程度で壊れるか?
とりあえず安い単価のついで作業はもうやらない。

そんなこんなで写真は撮れませんでした。
でもTurbo decoderはGeneration1 と2の両方あった方が無難ですね。
これから購入される方には2台セットがお勧めですね。

2018.12.03

スズキ エブリ 開錠→紛失キー製作 (沼津市)

夜も10時を過ぎての入電。
私事だが地元の消防団に入っていて、この日は詰め日。
夕方仕事をしてから直接詰所に向かったので、車で行ったため他の団員と一緒に定例の飲み会には行けなかった。
私の好きな焼き鳥屋に行くことになっていたので行きたかったが、・・・いや前回ちょっと悪酔いした。
特にバカ飲みしたわけじゃないが、初めての店でつまみに箸が進んでつい食べ過ぎたのと、なんか酔いが回ってしまった。
2件目に居酒屋に行ったのだが、座ったまま寝てしまい気が付いたら会計。
そのまま詰所で何時間か寝てしまい深夜未明に歩いて帰った。
だから今日はやめておこう、明日は朝から市をあげての防災訓練で自治会に行かなければならないし。

前置きが長くなったが、そんな帰り道だったので、まあ軽く済ませて売上UP!

仕事自体はその通り特記することもないのだ。
スズキエブリの初年度登録が2018年・・・って新車だ。ただレンタカーなのだが、しっかりアラームセキュリティ付き。
ただここからが、あまり気分が乗らなくなる。
このお客さん、鍵を紛失していて、弊社の他にレッカー業者も手配をしていた。
縦に二台並んだレンタカー、奥のキャラバンを出したかったらしく、エブリをレッカー移動で修理工場に入れるつもりだったのか?

とりあえずオートマのエブリだがニュートラルにギアが入るので前後入れ替えで済まそうと思ったそうだ。
紛失キーの作成も仕事としてできるが、時間も時間だし夜にやりたくないからね、私も一旦帰宅した。

どうも、そこから圧力が掛かったか?
再び保険のロードサービスを通じて、また連絡が。
やはり鍵を作って欲しいという依頼。
実は先ほども、もしかしたら依頼があるかもと言うのでオペレーターに作成の金額を伝えておいたが、一旦引き揚げちゃうと全てはご破算。
再出動でまた基本料金をいただくことになる(要は今夜はもうやりたくないよという無言の合図)。
これで断られることを期待したのだ。何せ保険のロードサービスも開錠作業以外は有償で、直接の取引なのでお客への紹介サービスとは言うが気楽なもの。
こちらは明日も朝からやることあるのでさっさと寝たいし、何より夜の作業は部品の管理から色々気を使う。

結局、現場に戻ることになったものの、いざ現場に行けばどうもお客さんは踏ん切りつかないようだ。
行った先が人材派遣業者の事務所で、このお客さん今日づけで退職したのだが、レンタカーの鍵を無くしてしまったそいうだ。
そこで弁償と会社スタッフらしき人に脅かされてるようだが、業務中のアクシデントで個人負担!しかも決して高給取りには見えない。
ある意味気の毒なので、こちらも作業をしたくないし安くあげる方法を伝授した。
それは明日の朝一番でレンタカー屋さんに連絡をして予備キーを複製してもらって送ってもらうこと。
明日やって発送してくれれば明後日には入手できる。何よりコストが安い!
ただ、明日是が非でも車を使えるようにと脅されてるらしいが、当方の提示した膨れ上がった金額に・・・「払えないよ」・・・とこぼす。
親切心出すなら金などもらわなきゃ良いのだろうが、こちらも仕事だし。
既にコンビニのATMは出金できない時間なので、周りから融通してもらい金を用意していた。
「これでやってください!」
と先に金を渡そうとしたので完成後で良いと言って、少し値引こうかと思ったが、押し付けるように金を差しだし、さっさと帰ってしまった。
まあ、仕方がないからやるか。
201812320280.jpg2018123202847.jpg

 

 

 

 

 

新車なので汚れはないが、毎度のこと新車なだけにデータが無い。
部品が変更されたり、新しい部品が使われたりしたら、時に鍵を作れないことも。
セキュリティアラームがついていたがイモビライザーの有無は気になる所・・・まあ見た目で最近判別してるが。
あとはブランクキーだって更新されたらワヤである。
実はピッキングで開錠成功せず、ロッドで開けたのでもしかしたら新しいシリンダー?と思ったら普通にM421のブランクキーであった。
ドアシリンダーに刻印もあり、コード検索ができたのでやはり特記することはない。
無事完成し、先ほどのスタッフに手渡しして完了。

明日の朝も派遣に行く労働者を乗せて走らせる・・・ってことなのかな?
それにしても退職していく人に、なんとも冷たいなあ。。。と思った。
別れの挨拶も激励もなく、逃げるように帰ったお客さん。
ブラックってヤツだったんだろうね。

こうしたインフラがある限り、当面労働者の受け取り賃金は上がらないな。
なんぼ雇い側が政府の指示で支払い賃金を増額しても、中抜きされてしまえば末端には簿給しかならない。
それに外国人労働者がこれから来るって?・・・竹中平蔵(人材派遣会社のパソナ会長)とか過去の人がなんでいまだに政府に寄生しているの?

2018.12.03

MIWA 引違錠 鍵が掛からない修理 (伊東市)

一生懸命に説明をいただいたのだが、なかなか相手が理解する言葉にならないのがこの鍵や錠前の世界かもしれない。

玄関の鍵が中からは掛かるけど、外から掛けられない。
親(老人)が住んでいるのだが、家の中から鍵を掛けてしまったら開けられないので見て欲しい。
玄関は観音開きタイプで錠のメーカーは不明。

なんとなくは想像がつくのだが、可能性をたどれば必ずしも答えが一つで無くなってしまう。
見に気軽に行ければ良いのだが、伊東市までは50km。
ちょっと沼津の鍵屋としては遠い(浜松まで150km走るくせに)。

現場はいわゆる昔の家で、玄関はアルミサッシだったのでリフォームの後付けだろう。
観音開きというより、引違いではなく両開きの2枚引戸で、枠の外がわに引違錠が取りつけられていた。
錠自体は室内側、室外側どちらも掛からず。室内からだけ掛かったというのはきちんと作動しない状態で鎌が引っかかった状態であったのでは?
いずれにしても、まともには全く機能してない状態であった。

驚くほど古いサッシでもないし、状態も悪くない感じだ。

何より目立つのが室外側に見えるシリンダーがガタついていた。
取れないところから、ビスの緩みかな?と思った。
2018123194253.jpg

 

 

 

 

 

一見、引違い引戸に見えるが、右側は固定されていて左の扉が左右にスライドする。
この組み合わせが左右にあるのだが、シリンダー付きはこちら側のみ。
この鍵穴部分がガタついていた。

この手の扉は内扉というか、左右にスライドする扉を外さないとこのシリンダーの取りつけビスにたどり着かない。
扉を外してみて・・・納得。
2018123194645.jpg










左上側にビスの穴があるように、ここのビスが欠落していた。
ここともう一か所のビスで表側のシリンダーを固定しているのだ。
ところがこのビスがやや小さめでなかなか同一サイズの物が見つからなかったのだが、外して取っておいたビスの中から合うものを探し出して取りつけた。
錠自体のビスに緩みはなかったが、召し合わせの位置がずれていた。これでは作動しない。
錠本体に破損や固着は無いので交換の必要はなし。

位置調整で完了。
お客さんも交換を覚悟して、それ相応の出費を覚悟していたようだが、修理で済んで喜んでいた。

カレンダー

«12月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索

出動

エリア

静岡県/東部全域・中部・伊豆半島・富士山

神奈川県/箱根・西湘・足柄

山梨県/富士五湖

Tel:0120-550-227
オフィス雅

株式会社 Office雅  静岡県沼津市若葉町7-6  TEL:055-925-6605