ブログ

2013年08月

2013.08.31

真夏なのに電気が止められてる 

公営住宅の家賃不払いによる強制執行に立ち会ったのですが、ご存じ今年は猛暑です。
9月も近いこの時期ながら連日30℃超え、強い日差しと高い湿度にうんざりです。

強制執行の立ち会いに行くことは時にあるのです。
施錠されたまま所有者が不明とか、県外で立ち会えないなど理由は様々。

今日は公営住宅でしたが・・・う~ん、玄関に立つや電気メーターがあり、そのしたには外された電線。
これは電力会社によって電気を止められたという状況で、決してオブジェじゃありません。

2013831135436.jpg引っ越して空き家になった家などを見るとこんな絵はよく見ることができます。

当然電気メーターは回ってません。
入室してるかどうかの一つの目安になるんです。
室内に人がいれば大なり小なり電気メーターは回ってます。
どんなに身を潜めても・・・冷蔵庫の無い家があるかは分かりません。
省電力されてるとはいえ、電気を使えば回ります。

エアコンや洗濯機など使えばブンブン回ってます。

しかし、この状態では当然電気が開通してないため電気メーターは回ってません。
言うまでも無く室内には電気が届いてません。

玄関先からドア越しにノックと共に呼び掛けても、応答なし。
呼び鈴を押すものの、呼び鈴は電池式じゃなく電気なようで音は鳴りません。

執行官の不在という判断で開錠作業に掛ります。

そして、バタンバタンというドアからの音で堪忍したのか分かりませんが突然ドアが開き、一人のまだ若い男性が現れました。

私の仕事はここまでなのですが、予断で話を聞けばこの住人は少なくとも私より若いです。
生活保護を受けてましたが就労意欲がないと取られ、打ち切られていたのです。
当然何らかの収入が無ければ家賃は払えませんし、生活するにしてもライフラインは止められてしまいます。
ガス・電気は当然ながら水道も止まってるそうです。

いわゆる普通の現代文化に則した生活をしていると、ガス・・・は料理しなければ使わないし風呂くらいかな?まあ夏場は水でも良いか。。。となりますが、水道も不払いの状態で止められてます。通常水道は人道的に最後まで止めないのですが、既に一線を越えてるみたいです。。。したがって、行水はできません。それよりトイレはどうしてるんだろう?
その場にいた人たちの大きな疑問。。。まあ私を含めて皆さん、立場立場の給料はもらってますので。。。足元に転がるペットボトル、中には・・・それ以上は言う必要が無いでしょう。。。多分そうなんでしょう。

ただ集合住宅でエアコンが無いのは近年死活問題です。
ただドアを開ければふあ~って風が抜けて結構涼しかったりして、この住人も何もせず一日ベランダから外を眺めてるだけとか。

でも、公営住宅って凄く条件が良いんです。

日当たりは良く、更に風通しも良い、重量鉄筋で作られ、地震にも強く、共同の場所とはいえ建物と建物の間隔が非常にあるため切迫感がありません。
最近はエレベーターがついた物件も多く、そのくせ家賃が激安。
築年数が古いので延べ面積は広く、民間のアパートに比べたらすごい好条件です。

生活保護を受け、高級外車を乗り回す人がいると良く言われますが、分からなくもないことです。

確かに、自分は何のために昼夜働いてるのかと言えば、いつかノンビリした生活を送るために地を這うように働いているのです。
でも、この生活は自分にはできません。
なぜなら、普通のちょっとした所得があれば、海外に住めばできるけどしてないし、しようとも思わないからです。

今住んでる家を売って、東南アジアのコンドミニアムを購入すれば、かなりお釣りがきますし、固定資産税が掛らない。
わずかな貯金を持って移住するにも永住ビザさえ取ってしまえば、貯金を食いつぶして一生働かずに生きて行ける場所も既にあります。
ちなみに今の日本より位置は南ですが、気温は低く快適です。
言葉は完ぺきに分からないけど、まあ英語が多少できれば生活するには不自由しないでしょ。
それは自分の感性を伝えたり、ビジネスで真意を探ったりはできませんが。

でも、頭から木が生えてきそうで無理です。

きっと目指してる豊かさって、怠けることではなく、良く働き良く学ぶ充実感なんでしょうね。

でもここの住人がこの先、どうするのかは分かりません。

民間アパートはここよりも当然家賃は高いし、余生も僕より長い・・・どこでどうして生きていくのか、この仕事をしていると本当に他人のお節介焼くヒマはないのですが思います。


 

2013.08.29

合カギはすみませんが・・・

合鍵の問い合わせは非常に多いのです。

ちなみにここで言う合鍵は元鍵をコピーすることです。

弊社では一度は顧客開拓のためにもやろうとしたのですが、零細個人の規模ではなかなかお客様に満足を与える対応ができないと判断し止めてます。
鍵屋・・・いえ弊社は鍵屋ではなくロックスミスです。キーショップではありませんので、合鍵はホームセンターなどでお願いしてます。

やはりお客様用の駐車場も無いし、また常に店番をしているスタッフもいません。
機械類は一式車に搭載しているので、お客様が見えられても、車でカットをしていました。
更に場所が住宅地内でもあり、看板をデカデカと掲げてもいないため、いざ来ようと思われても非常に分かり難い。
向かわれても携帯電話から何度も位置確認してやっとたどり着く始末です。

そうしたことを改善しないのにも理由があるのですが・・・。

そのような理由で来客迎えての合鍵はお断りしています。
もちろん、それでも探し出して来る方や、紹介や評判などの情報で探し出す方もいます。
アポなしでスーツケース(開錠)に持ち込まれた方にはちょっと驚きましたが。

ただ、ホームセンターやキーショップではどうしても対応が難しい場合は弊社で行うこともあります。
ただし合鍵というより小鍵の販売ですね。
最近の鍵は精度も高いためコピーがしにくいので、メーカーに純正品として発注してしまいます。
そこまで即席でやるメリットは無いし、コピーで対応しコストダウンを目指すにも絶対数量が少ない以上、商売としてのやはりメリットが無いのでしばらくは改善していかないでしょう。

自動車のイモビライザ-キーなどは結構強みがあるんですけどね。
ディーラーだとスペアキーが欲しいと頼んでも車種によっては追加登録ができずにCPUごと交換するなんてこともあります。
少し前ですがボルボのスペアキーの注文を受けましたが、イモビライザ-がついていたためチップのクローンを作って、同じIDとNOの状態で複製したことがあります。
もっともボルボはコードが固定なので上書きができないため、紛失した場合はCPU交換となってしまうのですが。

ちなみに金額をもうしますとホームセンターでは税別で350円でやってます。
弊社は現場作業のついでなどで頼まれれば税別500円~です。あえて現地にそのためだけに走れば+4000円の出動費をいただくことになります。
さすがに一般キーではお客さんも採算に合わないでしょうけど、特殊キーだと出動費加算でも受注することはあります。

紛失の際はもっと掛りますのでご注意ください。
時々合鍵と勘違いして500円や1000円でできると思われる方もいらっしゃいますので。
 

2013.08.28

入電中 ハイエース鍵作成 (伊豆市)

アシスタント会社を介して、目下入電中です。

東京から来たハイエースで現時点ではまだ付近捜索中ながら鍵が見つからないという様子なのです。
ただセキュリティ装置はあるが自分で解除でき、イモビライザ-は無いという申告ですが・・・そういう設定もできなくはないけど、ちょっと不自然ですね。
冒頭の東京から来た・・・で、ひとつ考えられるのは仕事かな?だとしたらハイエースのグレードもDXでアラームセキュリティをオプション装着した200系の2型までならありますね。
そして次に考えられるのはレジャー、場所は土肥町なので夏休み最後の海水浴や温泉などだと、ワゴンライクで乗れるスーパーGL。実はウチもそんな感覚でハイエースをDXからスーパーGLに昨年買い換えました。
そうなると、イモビライザ-は標準装備でアラームはオプションで装着するよくある車両になります。
 

実はハイエースのイモビライザ-はかなり以前、挑戦し失敗してます。
書くのも情けないのですが、登録まで工程が至らず、鍵作成段階でカットを失敗してしまい、チップの入ったブランクキーを全部使い切ってしまった苦い思い出があります。
その時はサンプルキーを某社の物を使っていて、これがなかなか精度が低く、イモビの有無関わらずなかなかバッチリ決まらないのです。
こちらでコードをアレンジしたり、カッターの振りを抑えて、それでも引っかかりが出て、多少強引に回して慣らしていくような感じでしたが、ハイエースの時は強引にもできず、部品がなくなり諦めてしまったのです。
価格も折り合いがついて、経験というハクをつけるのに最高だったんですけどね。

その時はハイエースワゴンのGLでした。

そのリベンジだ!今回は行ける仕事なのですが・・・実は今日の午後から子供たちが最後の夏休みでプールに行く約束をしていたんです。
土肥にイモビライザ-の鍵を作りに行けば、片道1時間半、鍵作成で、どうでしょうかね30分~1時間、登録で1時間。帰ってくるまで5時間掛ります。

仕事は仕事ですが、子供たちの落胆も見たくないし、楽しみを取り上げられた時って本当に凄いストレスになりますからね。

幸い、お客さんはイモビ無と思いこみ、それで検討状態ということでした。
アシスタント会社に車両の情報を再確認してもらたらスーパーGLは間違いないのでイモビ有、当然費用も高くなるし、何より東京の自宅にスペアキーがあっても今回作ってしまうと再度登録作業をしないと使えなくなってしまうデメリットをすりこみました。。。いやいや本当なのでつまらないバラ色の期待だけじゃダメですよ、商売は。

もっとも作業開始時間もプール優先にし夕方からという条件にしてしまいました。
検討中なのに更にハードルを上げちゃったのですが、やらないわけじゃないのでやっぱり子供の期待を裏切っちゃダメかなと思った次第です。

もちろん身体が空けば、喜んで飛んでいきますよ。
イモビ車のキー製作は理屈もあるけど、車当たりの経験が一番ですからね。
車両ごとに同じシステムながら、見えないCPUとの格闘なので、経験で度胸つけないと、良い仕事やアドバイスはできませんから。

たとえば、「作れない」と答えるでも、その理由をお客さんに説明しないと、他の業者に当たれば作れるのか、それとも構造的に不可能なのか。一緒くたに「作れない」で断るのはプロじゃないですからね。
 

 

2013.08.27

円筒錠開錠 (伊豆の国市)

円筒錠はどうしてもやっちゃうんですよね。
室内側は押しボタンで施錠して扉を閉めるやつ。
ついつい鍵を持たずに施錠してしまうのです。

ホテルなどでも円筒錠は使われてますが、最近はオートロック式が多いかな?
カードキーのホテルなどは殆どが勝手に施錠されちゃうのでカードを持たないとフロントに走る羽目に。。。

今回は工場の室内ドアでした。
技術系の工場なので、錠前の設備はなかなか良く、こりゃ室内錠とはいえ開かないかな?と不安になりました。
入口は当然ピッキングでは開かないシリンダーが装着されてます。

そして中の現場に・・・玄関とはまた別次元のドアノブの円筒錠、しかもシリンダーはディスクに安堵しました。
 

ポッチン、そんな音とともに開錠。

呆気ないのですが、依頼者から見たら神業。
失笑とともに解決の安堵。

ただ、これが簡単に開くだろとか鷹をくくられるとこっちがちょっとカチンときます。
じゃ自分でやれば!とむくれたくなったり・・・もちろん言葉にはしませんよ。

 

 

2013.08.27

海外から電話?

輸出入担当業務であれば珍しいことではないのですし、もし弊社のもう一つの業務のバイクジャケットに関する問い合わせや引き合いならうれしい限りなんです。
残念ながらそっちの方面ではなく、ロックスミス業務での問い合わせを海外からいただきました。
それはそれでありがたいことです。
ただ、開錠してくれ!と海外から電話をいただいても、これから航空券を予約してビザを取って・・・それはまず無いですよね。

以前あったのはブラジルで5つ星のホテルの建築を計画しているのでその際のキーシステムを日本から持っていきたいというもの。
よくリゾート地にあるキャッシュレス方式で部屋のキーでホテル内や関連施設での清算が行えるというもの。
お客の使う金を囲い込めるメリットがある。
しかし、システムは専門じゃないし、監督するにも場所が地球の裏側じゃ今の規模では目も届かない。
さすがに丁重にお断りしました。。。でも今ならやってみたいかも。

他は沖縄からの問い合わせもありました。
こちらは在日米軍の錠前の引き合いで、エリア内に海兵隊のキャンプ富士があるので、その分の調達を沖縄の基地を経由して来ました。
契約に関する総務の部署がどうも沖縄らしいものですから・・・これは海外?(米軍という意味で)

しかし、今回はアメリカ経由での国際電話。
てっきり最初はいたずらかと思ったほど。
国際電話特有の長い電話番号とタイムラグのある会話と聞きにくい無線通信。
ちなみに声の主は日本語です。

まあ、日本にいる家族が困ってるということかな??と思えば「私は日本にいるんですけど、アメリカを経由して電話してます」と、なんのこっちゃ?それなら直接かけた方が話は早いし、無駄に国際電話料金を払わずに済むのでは???

なんのことはない、アメリカのクレジットカード会社の紹介システムを利用したようです。
クレジットカードのコールセンターに電話をし、該当業者を紹介してくれるというものらしいです。多分加盟店の中から探しクレジットカードで決済させようというものでしょうけど、弊社はその会社のプロパーのカードだと契約してないんですが・・・ビザ・マスターがあればOKですよ。
聞きにくい音声ながらも話を詰めていけば、現在湯河原にいるそうです。。。じゃエリア内ですね。

マンションのシリンダー交換を希望されての問い合わせ、しかしカバスター以上のセキュリティを指定。

待てや待てや、何故にカバスター?・・・となるわけです。
在庫が無いので国内の物で良いか尋ねれば、懸念を示されました。
しかし、国内メーカーでも現在販売されてるシリンダーはピッキングでの開錠はまず不可能です。
ただし、U9などだと合いカギは比較的簡単に複製できます。。。どうもこれがNGだということでした。

昨今の住宅は良いシリンダーがついているので、あまりシリンダー交換でのセキュリティ強化に力入れてなく、汎用品しか持ってないんです。

確かに一時期、シリンダー交換は一つのビジネスでした。
何せ技術が要らない、ドライバー一本で手軽だし、マンション1棟受注すれば受け高もそれなりに大きいのです。
技術の無い鍵屋さんは当然、不動産管理会社や警備会社までビジネスチャンスと競って低価格競争を始めてました。
そしてその時は防犯性が高いと言われるシリンダーの納期は未定になるほど売れてましたし、かなり在庫を持った業者もいたんです。

当然バブルのようなもので、そうした会社の倒産もやがて一杯出てきました。
今ではそれをビジネスだ!という人はいないでしょう。

弊社もシリンダー交換時は一般的な物以外はその特性やメリット・デメリットを説明することに付加価値を出してます。
ただ交換するだけなら、そうした業者と変わらないですから。

当然カバスターも長所短所はあります。
今は緩和されたようですが、国際特許を持っていて、合鍵は業者では作れませんでした。
それを知らずコピーした業者が特許法違反で告訴されたという事例もあったそうです。。。これが防犯につながるかは分かりませんが。
開錠難度は・・・確かに高いです。
ディンプルキーであり、シリンダー内の上ピンにはピッキングでの位置決めが難しい加工がされてます。
ただカバスターの全商品かといえば、弊社でも玄関錠ではありませんが開錠に成功しています。もちろん100%ではありませんが確度はあります。

そうしたことも理解してのカバスターなら良いのですが、どこの誰かからアドバイスされたと新興宗教みたいな感じだとちょっと困りますね。

結局は在庫が無いので、国内品を検討することにしてもらいましたが、どうも受注にならなかったようです。
商売上手ではないですが、売れれば良いという発想も持ってないものですから。

2013.08.25

夜の作業、集合住宅開錠 (富士市)

集合住宅を管理している会社とも何社か鍵のメンテナンス契約があるのですが、こちらの客層は結構礼儀のある人が多い気がします。
特に単身向けの住宅だと、その行動や仕事などから依頼時間が通常人が休む時間帯に多いのですが、それを理解しているということです。

もちろんどんな社会にも例外的な人はいます。

今日はまず夜の9時30分過ぎに裾野市の単身者向けアパートで鍵の紛失による開錠とシリンダー交換依頼が入った。
依頼者は若い女性で、到着時に電話連絡をしたときの応対から、礼儀の正しさは伺えました。
そして作業後も「こんな遅い時間に申し訳ございません。」と詫びられました。
時は既に夜10時を少し回ってました。
しかし、このアパートは結構時間帯に特徴があり、日中は物件の販売店や管理センターが対応してしまうので殆ど仕事はありませんが、夕方を過ぎた19時~20時に一つの波があり、会社を定時に退社した人の流れでしょう。次に21時~22時は残業組でしょうか?この時間帯も割と多いです。そして23時~24時までは出張や旅行から戻る公共の交通機関からの終電組でしょうかね?更に午前2時頃のグループもあるんです。
以前は飲み屋系のお仕事の人だったんですが、最近は大手チェーンの販売店(スーパーや飲食店)に勤めている人も多く、よくブラック企業などと言われますが、勤務時間からちょっとそんな色合いも伺えたりします。
更に更に、最近はかなり少なくなりましたので、私は大体2時には就寝してしまうのですが、この後のグループで3時~4時のグループがあります。
24時間稼働の工場や大型トラック運転手など、不規則勤務の人や酔っ払い系で酔いが醒めかけた人が多かったです。不景気のせいかかなり少数になり、割と寝てしまって電話に気が付かず作業を取りこぼしてしまう時間帯です。

もっとも就寝が2時だと、睡眠が2時間・・・一番眠いし気持ち良い時間なんですよね。
電話を無視したいこともしばしばですが、起きれたらまず出動しています。

 

そして、今夜は未明時間帯にマンションの開錠が追ってきました。
最近の集合住宅はピッキングで開くシリンダーはかなり希少です。
防犯性の高いマンションなどでは破壊を余儀なくされるのですが、以前は普通にあったサービス電源も最近は無く、また事情がどうあれ電動工具を使うと音が響くので必ず苦情が来てしまいます。
仕方がないとはいえ、仕事がやりにくくなりました。
特に壊すことへの抵抗は結構強いのですが、それだけ防犯性が高いということは自覚してほしいものです。

富士市のマンションでの開錠依頼は入電が0時を回ってました。

現場で依頼主の若い男性は恐縮して対応してくれました。
この辺は地方ですから、コンビニがあってもまだ夜は寝るものという意識は高いのです。
現場到着し約30分で作業が終わりましたが時刻は2時を回ってました。
幸い破壊する作業をすることなくドアを開けられましたので苦情も当然なく完了しました。
更に気分が良かったのは帰り間際、自販機でお茶とコーヒーを差し入れてくれた気持ちです。
苦境から解き放ってくれた感謝、蒸し暑い中でのねぎらいがあったのでしょう。それより何より日付を跨いだ時間帯であったということでしょう。
普通はこの時間帯に一般の会社と言う組織は動いてません。
それは、その時間に困ったことがある経験のある人にはよく分かりますが、どこに問い合わせても翌日の対応と言われれば良い方で、電話すら出ないです。
何かを依頼したい時に一番途方に暮れる時間帯でしょう。

しかしロードサービスでは困りすぎてどうしようもないという気持ちなのか、時々かなり強い主張をする人がいますね。
「すぐやってくれないと本当に困るんだけど」
って未明の時間帯に主張されても、毎日その時間帯に仕事があれば人を常駐させるでしょうが、繁忙期にたまにあると対応しきれないですよね。
本当に困る・・・とは言っても、別に命が危険にさらされてるわけでもなく、また直後に大きな取引がある仕事を待たせている訳でもありません。
大体が観光客で、交通量の少ない深夜に走ってきて、朝一番から遊ぼうという人たちに割と謙虚でない姿勢を感じたりします。

住宅と違って、解決後に他に移動してしまうのも旅の恥はかき捨てという意識が芽生えるんでしょうかね?
世界的に日本人は民度が高いとは言われますが、そういう我利我利亡者も確実に生息していたりします。

 

2013.08.24

トヨタアルファード 鍵作成 (西伊豆町)

あ~まったくもう、間にアシスタント会社が入るとややこしくなる!!

トヨタアルファードの鍵作成の依頼が今まさに来ているのだが、間に手配会社が一社入っているため伝言ゲーム状態なのです。
しかも間に入る人間がちゃんとした知識があれば噛み砕いて伝えるのだろうが、良くて右から左・・・これじゃ難しい。

アルファードは全車イモビライザ-が標準仕様なのだが、年式によってシステムが異なる。
人気車なので全車種対応したいところですが、初期車はプログラマーでの対応は成功していない・・・というか不可能の様子。
やがてチップのIDが変わった車型から上書きによる登録が行えるようです。
そして年式とともに鍵の形状も変わります。
現行車がどうなってるのか確認してませんが、兄弟車のベルファイヤーはキーレスエントリーでボタンによるスターター。
このタイプだと弊社のプログラマーでは更新してないので対応できないのですが、幸い真ん中の対応できる年式だった様子。

場所も西伊豆、想像するに海水浴客なのでしょう。
・・・となると、自宅にはサブキーが存在する可能性があるわけです。

是非、イモビキー製作する前に冷静なってもらいたいのが、イモビライザ-はシステムとしてCPUに鍵情報を上書きするシステムなのです。
その際に古い情報は消去されてしまうのです。

つまり言いたいところは、自宅にサブキーがあってもこちらの現場で鍵登録を行ってしまうとそのサブキーでエンジンの始動が行えなくなります。
もちろん、合鍵として追加登録を行うことはできますが、その際にもCPUを上書きするので、登録したい鍵を全部持ち合わせなくてはなりません。
一度登録したからと言っても、その情報は都度消されます。

ただ金額が・・・高めに言ってあるので、目下検討中から再度の連絡はきません。
かといってなあ・・・安売りしちゃう気は毛頭ないですよ。
 

場所も伊豆半島の鉄道も通らない僻地、道路事情が発達したから100分ほどで行けるようになったとはいえ競合する場所じゃないですから。

でも、やれる作業なら実験的にやってみたいと今待ってます。

2013.08.24

GM ダッヂRAM1500開錠 (富士市)

女性の好みを言うなら外人が好き、実はこの傾向は最近始まったことではなく、学生の頃からそうでした。
ただ縁もないせいか、付き合った女性は日本人ばかりで結婚したのも日本人。

最近SNSのお陰で色々な外人と知り合えてますが、もしフリーだったら・・・外人になびくかもしれないなあ。

なぜかと言えば、自己主張をするせいか相手をつかみやすいし、メリハリがあるから。

それを自動車にあてはめるのは無理かもしれないのですが、外車の開錠は結構好きです。
今日はGMのダッヂRAMというピックアップでGMらしくデカイ車体がいかにもアメリカ。
そのくせシリンダーは素直で開錠まで数秒と掛らない。。。最高です。

もちろん、これをロッドを使って開けようとしたら、やり方によっては面倒ですかね?
どの車がどうとは言えませんが、ドアと車体の隙間を作るのが硬かったり、ロッドやロックボタンの動きが重かったり・・・そんな車も多いです。
今回は数秒でシリンダーが回転したように「ここから開けろ」と言わんばかり・・・・僕にはこれこそ自己主張に見えました。

逆に国産の軽自動車・・・この頃はイモビライザ-とアラームが装着されたり、シリンダーもなかなかピッキングしにくかったりと開けるなと言わんばかり。
苦労して開ければピーピーとアラームが鳴りだすし気分悪い。
それなら車体は軟いから、ロックボタンを直接狙った方が楽かもしれません。

ただ業者によってはピッキングとロッドでの開錠の作業代金に価格差をつけてる所もあるので、鍵穴でやってますが軽自動車だからと侮れません。

それに比べたらダッヂ大好きI love you!(意味不明)

夏休み取ってたせいか、金髪のメル友にメール返してなかった。。。さあメール書こ。


 

 

2013.08.17

猛暑 スバルレガシー開錠 (三島市)

いや~連日暑いです。
でも今日は風もあり、多少気温も低いのでしょうか?

アシスタント会社からの依頼、「スバルレガシーで外溝です!」と、さも自信ありげな依頼。
おいおい・・・溝ですか?じゃミーリングを施した特殊キーですね。
前にもふれたのですが、一般的なカッターでカットした鍵は当然鍵に対して両外の刻みとなり、これを外溝と業界で呼ぶようになってしまった。
これは韓国の歴史認識と同レベルの間違いです。

実際このスバルレガシーは外溝です。
キー本体に対して外側にミーリングで刻みの入ったものです。
ちなみにアシスタント会社でこれとセルシオなどで採用されてるキー本体の内側にミーリングをしたものを合わせて内溝と呼んでます。
いわば味噌も糞も一緒なのです。
要は面倒な特殊なセキュリティーキーを内溝と呼び、カットキーを外溝と呼んでるのです。
どこかの国みたいですね。
統治を植民地支配と呼び、その統治のお陰で近代化発展できたことも含めて日本というキーワードに対して憎しと言ってるのですから。
本当は憎しというより、金くれ!と援助のお代りを言葉悪く頼んでるんですけどね、まあ売り言葉に買い言葉で返したら良いことです。

まあ、こっちは理解できてるので、通訳も不要で現場に行きました。
先月もレガシーワゴンの開錠をやったばかり、できない仕事じゃないのですが、今回の車は少し窓が開いてるんですよね。

これを利用しないのは盲目過ぎる!・・・でも、ロッドの先につけた傷防止用かつ滑り止めを兼ねたガムテープの糊が暑さでドロドロ。
あ~あ、ドアハンドルについちゃった。。。のでピッキングに変更。

ところが、時間も13時!
天気快晴!!
日差しがジリジリと背中に当たり、痛いほどです。
更に鍵穴を覗くにも外があまりに明るくてよく見えませんし、集中力もありません。
再び、ロッドに切り替え、ガムテの糊はあとで拭くことにしました。

セキュリティ音とともに開錠。

暑いです。。。

ただアシスタント会社ってピックを持ってればいつでもどこでも誰でも作業ができると思ってる感じがあり、時々腹が立ちますね。

やっぱ、この炎天下で集中した作業は・・・無理です。労働者じゃなく職人なものですから。

2013.08.16

ホンダステップワゴン 鍵作成 (下田市白浜)

先のテーマ、夏休み東奔西走の続編にしようかと思ったのですが、逆で全く動けませんでした。

入電のあったのは昼食直前、更に現場が「下田市白浜の大浜の駐車場」と一発目の案内。
それどこよ~?
多分白浜付近は激しく渋滞しているから、行ったり戻ったりは容易じゃないので場所を確定して欲しかった。
まあ、よりによってアシスタント会社なのだから、なかなか伝言ゲームばかりでイライラ。
第二報「国道沿いで上から来て左折」
って、上ってどこよ、左側にある駐車場って大小いくつかあるんだけどなあ。

埒あかないので、現場に向かい始めました。

そして第三報「白浜神社で入ってすぐのところ、海のそば」
要らないことばがあるが、最初からそう言え。

日中の海へ向かう道、修善寺道路から既に混んでます。
それでも裏道で湯ヶ島まで抜けてしまえばとりあえず河津まではスイスイ行けました。
時々超遅い車に引っかかると最悪ですが。
時間的にも海沿いも順調、そして該当車両もそく判別。

ところが、鍵穴見れば3mm巾でした。
入電では2.7mm巾のタイプいわゆる一般キーでイモビライザ-無という風な案内で、こちらもそれに合わせた見積もりでした。
3mm巾はセキュリティキーという名称の特殊キー、いわゆる内溝キーです。
僕らは当初外側に溝を掘るので外溝と呼んでたのですが、無知なるアシスタント会社の受付が外溝=一般のカットする鍵と思いこみホンダやベンツ(大)、BMWやボルボの4トラックを外溝キーと呼ばず総括して内溝と言うため、今回は内溝キーでした。

見積もりに差額が出ることをお客さんに了解してもらいました。
現場を見てないとはいえアシスタント会社にはもっと勉強してもらいたいし、知らなきゃ知ったかぶりすんなと言いたいものです。却って混乱してしまいます。

価格了承ってそれも本来そっちの仕事でしょうと言いたくなりますが、この会社はお客様負担分から手数料を取らない良心的な部分があるのでやむを得ないかな。

 

さあ、ホンダの特殊キー、久々かもしれません。

とりあえずよくやるミスがマスターゲージに入れたシリンダーが拍子で外れちゃうミスはしないように。それやっちゃうとタンブラーが抜けて、どれがどれか分からなくなってしまうんです。
過去に2度ほどありましたし、1本無くした時もあったけど、よくも上手く誤魔化して、イグニッションを回すまでやれたものと。
今日はこのくそ暑さ。。。無理でしょうリカバーは。

 

実際削ってみたものの、1本目は段差の読み取りミス。
2本目も用心しながら削ったのに回らない。
マスターゲージに誤差でもあるのだろうか?
特に6段でカットすると切れが足りない・・・しかたなくマスターゲージ無しの目分量で補正した。

少し手こずりながらも3時半頃に完成。
久々にシークレットと言うドアシリンダーには入って無くてイグニッションに入ってるタンブラーに当たりました。
パズルを解くようなやりごたえ・・・と言うより暑さから逃げたい方が勝ってるせいか、達成感より疲労感でした。

ちなみに、遥か下田に行ってたせいで、一体何件の近場の仕事を取れなかったことか悔やまれます。
まいったまいった。
 

 

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

出動

エリア

静岡県/東部全域・中部・伊豆半島・富士山

神奈川県/箱根・西湘・足柄

山梨県/富士五湖

Tel:0120-550-227
オフィス雅

株式会社 Office雅  静岡県沼津市若葉町7-6  TEL:055-925-6605